会堂

重要なお知らせ

新型コロナウイルスに対する感染予防対策として、 受付時間は平日午前10時30分より午後3時までの短縮業務とさせていただいております。

何かと皆様にはご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。


日本基督教団会堂共済について

会堂共済は、会堂・集会室・牧師館・幼稚園、認可神学校等の建物と設備什器備品の損害保険です!

日本基督教団の会堂共済は「火災・総合共済」です。
教会が損保で保険を付ける場合は「店舗または企業総合保険」に加入しますが、「火災・総合共済」の補償内容は、企業総合保険より幅広く補償しています。

地震による損害と、地震火災による損害についてはお見舞金を給付します。
地震で、50万円以上の損害が出た場合、契約金額(補償の金額)の10%・500万円を限度に見舞金内規により見舞金を給付します。

損保の店舗総合保険でも、地震による火災の損害は若干の地震火災費用保険金が支払われますが、地震そのものによる損害は支払われません。

共済の保険料は損保の保険料より安くなっています。

お問い合わせをお待ちしております。

連絡先

お問い合わせはコチラ(E-mail)からどうぞ

Tel  03-3207-0256
Fax  03-3202-1635(専用)

address 〒169-0051  東京都新宿区西早稲田2-3-18


付記

ここ直近5年間の支払い状況は以下となっています。

年度 保険金見舞金
件数支払金額件数給付金額
 2016年度  28件 1,008万円 10件  837万円
 2017年度  49件 2,696万円  8件   44万円
 2018年度  119件1億1,832万円 11件   79万円
 2019年度  103件 7,617万円  5件  124万円
 2020年度  36件 2,706万円 11件   80万円

2019年度も台風による被害が多発したため保険金の支払いは高額となっております。(79件、6,969万円)
尚、2011年の東日本大震災では約1億2,800万円の地震見舞金を給付いたしました。
上記のように会堂共済組合では、火災の他、地震や風水害に対しても手厚く補償をしております。
また、現在の支払準備金は約13億円あり、4,200万円以上の建物には全て再保険を付けていますので、会堂共済組合は安泰です。

まだ加入されていない 教会・幼稚園・学校などは是非お問い合わせ下さい。

お見積りをしますので、現在加入されている保険料と比較して下さい。教会・幼稚園・学校等の財政に、必ずお役に立ちます。